忍者ブログ
TEICが片手上級者とかを目指し日々続ける諸々を綴るブログ。
[472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [461]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

特に寺のネタも無いので今回は前回に引き続き本に関して。
この前の記事を書いた後に読んだ本の感想をちょろっと書いてみる。

SFとして意識して読んだ最初の本になった『われはロボット』。
アイザック・アシモフの作品で、ネットで検索すると出てくる
「SFのオススメ」には大抵挙げられているほど多くの人が支持する作品。

ロボットをメインとした短編がいくつも入っているんだけど
小難しい内容の原理や仕組みはほとんど出てくることはなく、
「ロボット工学の三原則」というルールを中心としてほぼ描かれてるから
SF初心者の自分でも理解しやすく、楽しく読むことができた。

「ロボット工学の三原則」に従って行動するロボットと、
三原則に従うが故に起こってしまうハプニングとそれに挑む人間。
はっきりと立場が分かれているからかストーリーの流れも分かりやすい。
この「ロボット工学の三原則」は後のSF小説や
現実のロボット工学にも大きな影響を与えているんだとか。


それぞれの短編はどれも面白かったんだけれども
特に面白かったのは『ロビイ』『われ思う、ゆえに……』『逃避』の3つかな。
出てくるロボットは皆個性的でどこか可愛げがあって、
その周りの登場人物もユニークなのが多くて読んでいて飽きなかった。

登場人物の中では『われ思う~』と『逃避』に出てくる
ドノヴァンとパウエルという二人組のやり取りが面白くて好き。
ロボットの中では『ロビイ』に出てくるロビイか、
『われ思う~』に出てくるキューティが好きかな。

これの続編というか姉妹作として『ロボットの時代』っていうのがあると聞いて
早速買ってきたから他の本を読み終えたらすぐに読みたいと思う。

今読んでるのは『2001年宇宙の旅』。これまたよく名前を聞く作品。
最近は他の本と並行して読むことが多いから
もしかすると読み終えるのに時間かかっちゃうかもしれないな。
でもいずれネタが無い時にはまた感想書こうと思う。
PR
この記事にコメントする(文字色は黒以外にしてください)
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール


HN:
TEIC
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
音ゲー・読書
自己紹介:
最近引退気味な弐寺er。メインはRP。時たまLPやDPを嗜む片手er。DJTにて念願の片手赤段位を入手。RAでついに十段になった。しかし半年練習放置してしまったため十段(笑)になっているので現在リハビリ中。

DJNAME 『5-RON』(RP・DP)
        『5-LON』(LP)

主にプレイする音ゲー
IIDX・その他音ゲーは嗜む程度
bemani SNS - TEIC

TEICへメール
最近は家寺中心。ACはたまにひょっこりやりにいく程度

宮城県人。今は上京して一人暮らし。
最新CM
[01/11 TEIC]
[01/09 QSTOL]
[09/24 TEIC]
[09/23 QSTOL]
[09/15 TEIC]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
なかのひと
忍者サイトマスター
忍者ブログ [PR]